07
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
< >

This Archive : 2008年07月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.20 *Sun*

『夏は浴衣』(「スレイヴァーズ」二次創作) byれん

「やぁ、柊一くん、おはよう。毎日暑いね」
「おはようございます、若宮先生。本当に、蒸し暑いですね」

自社ビルのエントランスで偶然に出会った顧問弁護士は、
上着を片手に、汗をぬぐいながらも颯爽とした出で立ちだった。

「そういえば、ちょっといいかな?」
「はい・・・なんでしょうか」
「もし、心当たりがあれば教えてもらいたいのだが」
「・・・はい」
「柊一くんは、いい呉服屋知っているかい?」
「・・・呉服屋・・・ですか?」
予想外の話に、少しとまどう。

「ああ。品があって今風な浴衣が欲しいんだ。
あ、それと、素人にも親切な店じゃないと、困るな」
「・・・あの・・・それって・・・」
「実はね、内緒なんだが、早瀬に浴衣をプレゼントしてやろうと思って」
「早瀬さんに・・・」
表情と声に、プライベートな甘さが含まれる。
「ああ。きっとよく似合うと思うんだが、本人が全く興味を示さなくてね。
もったいない。似合うと思わないか?そこで、こっそり俺が見立てて、
着せてやろうと思って」
「早瀬さんに、浴衣ですか・・・きっと涼しげでよく似合うでしょうね。
確か、母が懇意にしている店がありましたから、聞いてみます。」
「悪いね、忙しいのに」
「いえ」

若宮を見送った後で、ふと考える。

浴衣・・・か。
確かに、早瀬にはよく似合うだろう。
でも、きっと冴木だって、とてもよく似合うと思う。
男らしい肩、きれいに筋肉のついた胸、絶対に映えるはずだ。
そういえば、実家には、以前あつらえてもらった着物があったはず。
浴衣は・・・なかった・・・かな。
うん・・・やっぱり、この夏は、冴木に浴衣を着せてみたい。

若宮の話を聞いて、突然ひらめいた考えに、柊一は心がはずんだ。

せっかくなんだし、僕も一緒に行って冴木の浴衣をあつらえてもらおう。



「若宮先生ですか。はい、さきほどの件ですが・・・」

柊一の行動は、一度決めたら、いつもながらに迅速だった。
昼休みに母親に電話して教えてもらった内容を若宮に伝え、さらに、
あることを打診した。

「先生、もし、ご迷惑でなかったら、僕もご一緒してよろしいですか?」
「えっ?柊一くんが?」
「ええ、実は・・・僕も浴衣をあつらえたくて・・・あの・・・冴木のですが・・・」
「そうか。うん、かまわないよ。
というか、ひとりでいくのは、いささか心細かったから、助かるよ。
それじゃ、このことは冴木には内緒なんだね?」
「はい、そうして頂けると、ありがたいです」
「わかったよ。お互いに、サプライズを楽しもうじゃないか。それじゃ、金曜日の7時に」


恋人のために、内緒のプレゼントを準備する。
こんなにワクワクするのは、初めてかもしれない。
冴木の帰宅が遅いときや、風呂に入っている間、柊一は浴衣選びの参考のために、
ネットであちらこちらを見て回った。
その口元は優しくほころび、瞳はいたずらっ子のように輝く。
風呂上がりの冴木が浴衣を着た姿を想像して、うっかり見とれることも、何度かあった。
「どうかされましたか、柊一さま?」
「あ・・・いや、なんでもない」
なんとなく、落ち着きのない、しかし少し浮かれたように楽しそうな柊一の表情を
冴木は怪訝な面持ちで見つめていた。


約束の金曜日。
待ち合わせは、店の最寄り駅の改札だった。

「おまたせしました、柊一さま」
「えっ?」
そこに現れたのは、若宮ではなく、冴木本人だった。
「冴木・・・どうしてお前が?」
「詳しい話は後です。若宮は来ませんから、私と一緒に行ってください。
呉服屋の松栄ですね。」
「う・・・うん」
促されて、タクシーに乗り込んだ。

「冴木・・・あの・・・」
「柊一さま、浴衣をプレゼントしてくださるそうですね。
早瀬から聞きました。」
「え・・・早瀬さんから?」
訳がわからないという柊一に、冴木は淡々と説明した。
「早瀬から電話をもらいました。
若宮が、面倒なことを柊一さんに頼んだらしいと言うこと。
さらに、ふたりで浴衣を選びに行くらしいと言うこと。
せっかくなのだから、私自身が柊一さまと一緒に行く方がいいと、早瀬が勧めてくれたんです」

「でも、このことは早瀬さんには内緒だったはず・・・」
「はい、若宮がこっそりネットで浴衣をチェックしたり、思わせぶりに、
早瀬の好みを尋ねたりしていたようです。
ちょっと、つついたら、ボロボロと白状した・・・とのことですよ」

若宮先生・・・ちょっと気の毒だな。

「私に内緒で、こんなことを計画するなんて」
「でも、冴木、これはお前のためのサプライズなプレゼントで」
「わかっています。
わかっていますが、それでも、私以外の男と一緒に、
あなたが行動するなんて。
それを黙って見過ごせるほど、私は心が広くはありませんので」
「・・・冴木・・・ごめん」
「いいんですよ、柊一さま。ただ、あなたも浴衣をあつらえてください。
一緒に選びましょう。よろしいですね。それと・・・」
冴木は、柊一の耳元に唇を近づけると、甘く低い声で囁く。
「・・・今夜は、寝かしませんよ。あなたには、身体で償って頂きますから」
そういうと、耳たぶを唇ではさみ、キュッと吸い上げた後に、
舌で舐めあげた。
「やっ・・・冴木・・・」


松栄は、畳のいい香りのする、老舗の呉服屋だった。
柊一の母は、家まで品物を持参させて吟味することも多いのだが、
今夜は、わざわざ柊一が来店したことで、品のいい年配の女主人も
実直な雰囲気のその息子も恭しく歓迎してくれた。

紺地、白、深い灰色など、様々な反物が引き出され、浴衣選びが始まった。
どの色も、凛とした柊一の美しさをよく引き立たせる物で、なかなか選び難かったが、
冴木が選んだのは、色目を押さえた深い藍色に水色の模様が全体にあしらわれ、
白い優雅な鳥が描かれた、落ち着いた反物であった。
冴木のために、柊一が選んだのは、
濃い紺地のシンプルな反物で、角帯は、白地に精緻な模様を織り込んだ美しいものだった。

寸法を採られ、仕上がり日を確認すると、再びタクシーで帰路につく。

「冴木、疲れただろう?」
「いいえ、柊一さまこそ、随分熱心に選んでおられたようですが、大丈夫ですか」
「ああ。とても楽しかった。仕上がりが待ち遠しいな」
「はい、そうですね。それに、こんなひとときを、若宮に横取りされなくて、よかったです」
「あ・・・ごめん。」
「もう、謝らないでください。
それよりも、柊一さま・・・・・」
冴木は柊一の肩を抱き寄せると、そっと囁く。
「今夜は、あなたに・・・・・させてください。
そして、あなたは私の・・・・・を・・・・してください。いいですね」
「え、冴木・・・ちょっと・・・」
もちろん、前の運転手には聞こえてはいないが、
そのエロティックな内容に、思わず首まで真っ赤に染めて、うつむいてしまう。

「本当に、仕上がりが待ち遠しいですね、柊一さま。
でも私は、正直言うと、あなたに浴衣を着せるよりも、脱がせる方が、ずっと楽しみですよ」

可愛く恥じらう柊一を堪能しながら、さらにおのれの欲するまま我が道を行く冴木だった。

星The End
スポンサーサイト

2008.07.13 *Sun*

『魔が差して』(「スレイヴァーズ」二次創作) by れん

「あっ・・・や・・そこは・・・・・」
「ここがイヤなら、どこがイイんですか、柊一さま」
ベッドサイドの小さな灯りが、ぼんやりと室内を照らす。
「冴木・・・だから、もう・・・」
「もう・・・なんですか?入れて・・・ですか?
さっき、あんなにいったばかりなのに、もう、欲しいのですか?」
「ちが・・・う・・・あっ・・・んん・・・」
恥ずかしい言葉など、絶対に言わされるものか、とぎゅっと唇を噛みしめる様子をみて、
冴木は楽しそうに目を細める。
「わかりました。ここをこうしてほしいのですね」
そう言うのと同時に、最も奥深いトコロへと自身を突き立てる。
「ああっ・・だから・・・ちが・・・」
「おや、違うのですか、すいません。じゃ、こうですね?」
いきなり体を反転させて、なおも、執拗に柊一の身体を追い詰める。
「よせ・・・何をする・・・うっ・・・」
「もっと大きく揺さぶられる・・・ほうがお好きでしたか?
ああ、こちらも握って差し上げる方が、もっと気持ちいいですよね、柊一さま」
「はっ・・・・・冴木・・・ああ・・・」

今夜の冴木は、いつにも増して意地悪だった。
もっとも、その原因を作ったのは、どうやら僕だったらしいが。
それは、その日の夜・・・日付が変わる前のことだった。



「冴木、もう・・・いかせて・・・」
「ええ、いいですよ。だから、しっかり私を抱きしめて。
そうです、・・脚も・・・ああ、柊一さま・・・そう・・・もっと」
冴木は両腕で僕の身体を抱きしめると、首筋にかじりつくような姿勢ではてた。
僕の方は、強すぎる快感に、冴木の肩を抱き込むと、自分から両脚を絡めてしまっていた。
荒い息のまま、互いを抱きしめ合いながら、余韻を感じ合う。

ふと、魔が差して僕は時々疑問に感じていたことに、思いをはせてしまった。

冴木は、僕以外の人間との経験があるのだろうか・・・。

もちろん冴木の不実など疑ったことはない。
しかし、自信に満ちた行為には、物慣れた雰囲気があり、
僕が初めてだったとは、到底信じられないのだ。

「柊一さま・・・どうかされましたか?」
僕が自分の考えにとらわれていたことに、冴木が気づいたらしい。
「いや・・・」
「・・・少し激しすぎましたか?・・・すいません」
「いや、・・・・・大丈夫だから」
「では、何を考えておられたのですか?」
優しく僕を見下ろす冴木の瞳を見ているうちに、
普段なら絶対に言わないであろうことを言ってしまった。

「冴木は・・・僕以外の誰かと・・・経験があるのか?」
僕の言葉を聞いて、冴木は一瞬息を止めたが、直後に笑い始めた。
「あなた以外の誰かと・・・ですか?
まさか。私が興味があるのは、これまでも、これからもあなただけですし、
こんな風に抱きしめたいのも、あなただけですよ。」
「・・・そうか。」
「ところで。なんで、そんなことを思いついたのですか?」
僕だけだという冴木の言葉がうれしくて、また、正直に言ってしまった。

「だって・・・なんか慣れた感じだったから・・・。」
「慣れた感じ・・・ですか・・・」
噛みしめるように、つぶやいた冴木に、さらに言葉をかけた。
「なんか自信たっぷりだし、動作が・・・迷うことなく・・その・・・」
「慣れた感じだった・・・というのは、柊一さま、私と誰を比べたのですか?」
そういうと、冴木は、再び僕の身体に乗り上げて、胸を合わせた。
「え?・・・別に・・・比べるなんて」
「いいえ、比べたのではないですか?まさか・・・山脇・・・?」
標的を狙うように目を細めると、低くて甘い声で僕を追いつめる。
「ちがう。誰とも比べたりしない。だいたい、比べるなんて、できるはずがないだろう!
僕には・・・」
さらに、恥ずかしいことを言ってしまいそうで、言葉が詰まった。

「僕には・・・なんですか?続きを言ってください、柊一さま」
「・・・僕にはお前だけなのに・・・比べるなんてできるはずがない」
そう言い放つと、冴木に背を向けて、身体を丸めた。
なんて恥ずかしいことを言っているんだ、僕は。

冴木の大きな手のひらが、僕の肩を包む。
背中にぴったりとはりつくと、耳たぶを優しくはみながらささやいた。
「あなたは、私だけ知っていればいいのです・・・柊一さま。
 私も、あなた以外は、知る必要はありません」
「・・・冴木・・・」

「私が、的確にあなたを追い上げていたとしたら、
それは、あなたの身体が快楽に対して素直だからです。
気持ちが良い場所を触ると、すぐにあなたはイイ声でないてくださるから、
初めてであっても、私は迷いようがなかったのです」
「・・・ちょっと待て!」
僕は、あんまりな言い方に、腹を立てて身体を反転させた。
「どういう意味だ。僕がいやらしいから、といでもいうのか?
僕のせいだというのか?」
「あなたのせいだとは、言ってません。
あなたが、ちゃんと『ソコがイイ』と言ってくださるから」
「言ってない!」
羞恥心のあまり、頬が赤くなるのが自分でもわかる。

「そんなこと、僕は絶対に言ってない」
「言いましたよ」
「言ってない」
「言いましたったら、言いました」
「言ってないったら、言ってないったら、絶対に言ってない」
一息に言い切ると、唇を噛みしめて冴木をにらみつけてやった。

「柊一さま。そんなに可愛い顔で怒らないでください。」
「怒らせたのは、お前だろ」
「・・・わかりました。では、存分に思い出して頂きましょう」

そういうと、冴木は、いきなり僕の脚を抱え上げて身体を密着させた。
「おい、冴木!なんなんだ、一体!」
十分に高ぶった冴木自身が、押しつけられる。
「ですから、『イイ』と言ってくださるよう、私がして差し上げます。
きっと、夢中だったので、覚えておられないだけですよ、柊一さま。」
「よせっ、冴木!あっ・・・・や・・・」


結局のその日は、「ソコがイイ」と言うまで、何度も抱かれてしまった。
魔が差したとはいえ、何て余計なことを言ってしまったのだろう・・・と、少し後悔もしたが、
それよりも、冴木には僕だけだということを確かめられたことの方が、
うれしいと感じてしまう僕は、
随分愚かで、幸せ者だと思った。

ローズThe END

2008.07.07 *Mon*

ごあいさつ

はじめまして。
こちらは、日々BL的妄想をもてあましている夜の住人彩香(lisa)とお友達れんの創作BLオリジナル&二次創作ブログです。

オリジナル&「憂○な○」は18禁的描写を含みますのでお気をつけください。
ときにかなり濃ゆい描写を含みます(^^;)
なんでもバッチコイ!というお心の広い方、どうぞ愉しんでくださいまし♪(←lisa)

現在、lisaがハマリにハマっているBLコミック「憂○な○」の二次創作SSを更新中です。

「憂○な○」SSの過去書庫はコチラ→お品書き(もくじ

お友達のれんタンは、『ス○イ○ーズ』シリーズの二次創作担当です♪
甘くてロマンチックで、ときに切ないSSです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
人気ブログランキングへ




2008.07.07 *Mon*

『七夕の夜』(「スレイヴァーズ」二次創作) by れん

すっかり日も暮れた夏の夜。
日中の蒸し暑さも、今は感じられない。
マンションのエントランスには、色とりどりの短冊が付けられた
七夕の笹が飾られていた。

「そういえば、今日は7月7日か・・・。」

クリスマスほどの華やかさはないものの、
やはり七夕というのは、素朴でロマンティックな星祭りだと思う。

子どもの頃は、桔梗と一緒に、家族にも使用人にも短冊を渡して、
それぞれの願い事を笹に飾った。
『お母さんの病気が良くなりますように』
『みんなが元気でありますように』
柊一の願い事は、ありきたりだが、一番欲しいと感じたものだった。

『柊一兄さんと、もっとたくさん遊びたいです』
『ラジコンが欲しいです』
桔梗のそれは、かなり現実的だった。

「そういえば、冴木は、どんな願い事を書いていたのだろう」

シャワーを浴びて、ベランダで風に吹かれながらミネラルウォーターを飲んでいると、
都会にはめずらしく星が輝いていた。
小さな発見をしたようで、うれしくなり、冴木に声をかける。

「七夕の願い事・・・ですか?」
「ああ。昔、うちでも毎年飾っていただろう?
お前は、どんな願い事をしていたんだ?」

ベランダでふたり、たたずむ。
冴木は、ふと遠くを見つめるような目をすると、すぐに視線を伏せた。
「・・・忘れました」
「忘れたのか?」
「ええ。少なくとも、短冊に書いて飾れるような願い事は、
私にはなかったと思います」
「書けないような願い事だったのか?」
柊一は、笑みを浮かべながら、なおも食い下がった。
「はい。誰にもかなえられず、誰にも知られたくない願い事でしたから」
「なんだ、ちゃんと覚えているんじゃないか」
「すいません」

少し涼しすぎませんか・・・と柊一の背中から、冴木が肩を抱く。
柊一が、冴木を見上げながらつぶやいた。

「今の、お前の願い事は何だ?」
「・・・・・・・・・」
冴木の懐に包まれながら、そっと右手を差し出して、その頬を優しくなでた。
「柊一さま・・・」
「僕が、かなえてやるから。お前の願いをきかせてくれないか」

「・・・・・私のすべてをあなたに。
次の世でも・・・あなたとともに。」
かすれそうな声は、甘く低く響いた。

「いいよ・・・僕が、かなえてやる・・。あ・・・んん・・・」
言い終わらないうちに、その赤い唇は、冴木によってふさがれ、
やがて深い口づけとなる。

星祭りの夜。
互いのすべてを分かち合い、ともに永遠にありたいという願い事を胸に、
僕たちは、愛し合った。

☆ the End ☆

2008.07.04 *Fri*

『エスコート~無自覚な小悪魔~』(『スレイヴァーズ』シリーズ二次創作) byれん

『お疲れ様です、柊一さま。会議が早く終わりました。一緒に食事でもどうですか。
何か食べたいものはありますか?』
冴木からのメールに、表情がゆるむ。
『会議お疲れ様。特に思いつかないけれど。お前は何がいい?まかせるよ。』

変わり映えのない内容だったが、すぐに返事が来て、
指定された喫茶店で待ち合わせとなった。

こうやって、急に誘われるのも、やっぱりうれしいものだな。
何となく気持ちが逸って、20分も前に着いてしまった。

カフェオレのカップを持ちながら時間を確かめていると、
隣の二人連れの話が偶然聞こえてきた。

「初めは良かったんだよな~、こいつ、可愛いぞって」

・・・恋人の話か・・・?

「でもさ、何度誘っても、『何処でもいい』とか
『あなたにまかせるわ』なんて言われると、
本当に俺とデートしたいのかなって、勘ぐりたくなるんだよな~」
サラリーマン風の男がぼやくと、向かい側の男も同調する。
「あ~~、それ、わかる!常に受け身って、物足らなくなるよな」

・・・常に受け身って、物足らなくなる?

ほとんど同じ内容を、自分はさっきメールしたばかりだ。
しかも、振り返ってみると、どこかへ行こうというような誘いの
ほとんどは、冴木からだった。

自分は冴木にこんなところまで、頼り切っていた?
こんな自分を、冴木はどう思っていたのだろう・・・。
愛情を疑うつもりは、まったくない。
しかし、いつも冴木に甘えてばかりではいけないと思う。
誘われるばかりでなく、時には、自分から冴木のために、動いたほうがいいのではないか。

生真面目な柊一は、自分の非を自覚すると、すぐに行動を修正すべく、
計画を練り始めた。

インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。