05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.20 *Thu*

勘違いな男。

22faed273a7d5f69938f9d66.jpg
前回に引き続き、全サペーパーから思いついた小話的妄想です。

カツラギとアキヒトが同級生だったら…。
今度はカツラギsideからのお話です。

ちっともエロくありません…汗。
それでもよいというお心の広い、貴女、クリックプリーズです。

♂×♂のラブ含みます。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
「智之、いったい何を考えているのだ!」
「……」

父の――桂木高正の怒りに満ちた声を、智之は畳みの目をじっと見つめたままぼんやりと聞いていた。

「おい、聞いているのか!返事をしろ!」

「……お前は、放課後、教室で久世のご嫡男を殴ったそうではないか。いったいどういうつもりだ?」
「……暁人様がそうおっしゃたのですか?」
智之は顔を上げた。

「いや、暁人様はお前に殴られたのではないと言い張っていらっしゃる。だが、目撃していた学友が、久世のご当主様にわざわざご注進したらしい。激怒された暁直さまが、うちに文句を言って寄越したのだ」
「えっ、目撃…」
さっと智之の顔色が変わった。

「見ていた者がいたのですか?」
「一部始終というわけではないらしい。だが、お前が暁人様の顔面を思い切り殴るのを見たと言っている。智之、それは本当なのか?」
「――申し訳ございません、父上。私が悪かったのです……何も言い訳はございません」

貝のように口をつぐんでしまった智之に、高正は大仰にため息をついた。

「理由は言いたくないというのだな。まったく……お前は石のように頑固だからな。いったい誰に似たのやら」
ちらりと端正な智之の横顔を見る。
「まあいい。言いたくないならそれでかまわん。だが、明日にでも暁人様にはきちんと謝罪をしておくのだぞ」
「はい。申し訳ございませんでした、父上」

荒々しく席を立ち、座敷を出て行った高正の足音が廊下の端に消えると、智之は畳みに拳を叩きつけた。

「久世の奴――!
全部あいつのせいだ!私は何も悪くないっ」

バンバンと拳を畳みに叩きつける。

「あいつがいきなり――」

智之は唇を指でなぞった。

まだ暁人の唇の感触が生々しく残っている。

「いったいあいつは何を考えているんだ!!」

以前からおかしな奴だと思ってはいた。
久世本家の嫡男として、幼いころから甘やかされて育てられたせいか、おっとりとしている。
と言えば聞こえがよいが、要するに浮世離れした甘ったれのお坊ちゃまということだ。

その久世暁人が中等科のころから、気づけばいつも、痛いほど強い視線で自分を見ていた。
いや、どちらかというと、ねっとりと絡みつくような視線……のような気もするが。

そして、高等科になって同じクラスになったと思ったら、なんのつもりか、必ず自分の隣の席に座り、べたべたとまとわりついてきた。

本家の嫡男だが、正直うざすぎる男だ。

なるべく関わらないようにしていたのだが――。

放課後、誰もいなくなった教室で、いきなり接吻してくるなんて――。

「分家の私がいくら優秀だからと言って、嫌がらせにもほどがある!」

智之は舌打ちした。

「いくら私が目障りだからといって、していいことと悪いことがある――」

ふいに暁人の熱い吐息が、脳裏によみがえる。

久世はいつになく真剣な表情で近づいてくると、智之の腕をつかんだ。
じっと物言いたげに智之の顔を見ていたかと思うと、ぎゅっと後頭部を押さえつけられ、いきなり唇を奪われた。
熱い舌が侵入してきて、口内をかき回される。
舌を絡められ、息もできないほど吸い上げられた。

驚いて、久世を突き飛ばし、気がついたらあいつの顔面を思いっきり殴りつけていた。

「あのぼんやりした奴があんな大胆な行動に出るとは――本当に驚いた」

智之は、自分の胸を高鳴らせている、この感情が何なのかわからなかった。

勘違いな男@智之が、それを理解するのに、さらに十年以上の歳月を要することになる。

☆おしまい☆
次回は、久々にエロっちいの書きたいかも^^
スポンサーサイト

COMMENT

わ~い、桂木sideのお話upされてる~。
うんうん、状況が目に浮かぶわ~。
嫌も嫌も好きのうちってね。意識してる時点で暁人にハマってるよね?
誰もいない教室でファーストキス?奪われちゃったのねっ(;゚∀゚)=3ムッハー 
しかも最初から舌を絡めてくるなんて、暁人偉いっ!!
おばたん朝からウハウハしちゃった~。
日頃は優しい暁人が夜には鬼畜まではいかないとしてオラオラ系になるのはギャップがあって良いよね。
朝から好物ありがとー。

…ツンデレラ(汗)もうしばらくお待ちを…(汗)
2011/10/21(Fri) 07:58 | ロミオ。 #- [Edit
<ロミオ。さんへ♪
こんばんは~。
わおわお、早速読みに来てくださって嬉しいよ~~♪
いつもありがとね~!!

> わ~い、桂木sideのお話upされてる~。
> うんうん、状況が目に浮かぶわ~。
> 嫌も嫌も好きのうちってね。意識してる時点で暁人にハマってるよね?

うんうん、そうだよね!
ペーパーでも思ったけど、桂木は暁人を意識しすぎだよね。
好きな子に意地悪したくなる子供みたい~~。

> 誰もいない教室でファーストキス?奪われちゃったのねっ(;゚∀゚)=3ムッハー 
> しかも最初から舌を絡めてくるなんて、暁人偉いっ!!
> おばたん朝からウハウハしちゃった~。

えへへ。桂木ってばファーストキスを暁人に奪われちゃったの~~♪
油断大敵(笑)です~~。
そして、ファーストバック(意味不明?)も暁人が奪ってやってほしいわ。

> 日頃は優しい暁人が夜には鬼畜まではいかないとしてオラオラ系になるのはギャップがあって良いよね。
> 朝から好物ありがとー。

わ~い、ロミオ。さんの好物だった?良かった~♪
暁人サマ、おぼっちゃまのくせに、ヤルときゃヤル!ところがツボです~~。
二人きりになるとオオカミに変身する子爵様なのです^^

> …ツンデレラ(汗)もうしばらくお待ちを…(汗)

わたし、ま~つ~わ♪
だから、うんと濃ゆいのプリーズです!!
わおわお、楽しみに待ってる~♪
2011/10/21(Fri) 21:04 | lisa #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。