04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.01 *Sun*

クリスマスイブの闖入者♪後編

P1030656_convert_20111226215805.jpg
新年明けましておめでとうございます。

昨年は読みに来てくださった方、どうもありがとうございました。
更新気まぐれですが、今年もカツラギ・ラブ全開で、全力で(笑)妄想しますので、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

「クリスマスイブの闖入者♪中編」の続きです。

元日早々、ヤバイ妄想している自分って…。
でも一年の計は元旦にあり、って言いいますし(え?)

しかも、後編とか言っておきながら、今回まだ終わらなかった…汗。

次回「完結編」で、今度こそ終わらせますので、もう暫くおつきあいくださいませ。

あ、エロのお道具の時代考証について、深くツッコマないでね^^;
妄想ですから。

R18エロです。
男同士のラブバッチコイの大人の貴女、続きはクリックプリーズです♪

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています。応援してね^^
暁人はハァハァと荒い息を吐きながら、桂木の寝間着を一気にむしり取った。
白い褌の結び目を解く時は、さすがに緊張で手が震えた。

一糸まとわぬ姿にされた桂木は、静かにベッドに横たわっている。

普段は眉間にしわを寄せ、ツンと自分を寄せつけない美貌の家令。
その桂木が、目の前で無防備このうえない姿を晒している。

ほっそりした白い手首を拘束している手錠が痛々しい。
だが、これから心ゆくまで自分の想いを遂げるために、欠かせない小道具だった。

「桂木……っ」

暁人はごくりと唾を呑みこむと、桂木にむしゃぶりついた。
その白い滑らかな肌をぺろぺろと嘗め回す。
飢えたワンコさながらにがっついていた。
もし桂木に意識があれば、「旦那さま、お行儀が悪いですよ」とぴしゃりとはねつけられていただろう。

だが、桂木は薬のせいで、ぐっすり眠っている――。
今なら、何をしようと僕の自由だ。

暁人の頬がだらしなく緩む。

「…これはどう使うのかな?」
コードの先に2つの小さなクリップがついた怪しいグッズを手に、首をかしげる。
「2つあるってことは…やはりここかな」

とりあえず、桂木のピンクの両乳首に、クリップを一つずつ付けてみた。
キュっと摘まれた乳首は、小さな薔薇のように可憐で、思わず見惚れてしまう。

ためしにクリップについているコードの先の小さなレバーを動かしてみた。
すると、プルプルとかわいい音をたててクリップが小刻みに震えだし、危うくレバーを落っことしそうになった。

クリップにつままれた乳首がプルプル振動し、みるみるうちに桂木の美しい顔が、紅潮していく。

「う…んふっ……」
甘い吐息をもらしながら、全裸で無意識に妖しく身をよじらせている桂木の姿は、たまらなく扇情的だった。
暁人は興奮のあまり眩暈がしそうだった。

桂木の股間の一物が少しずつ成長しているのに気づくや、暁人の目がまん丸に見開いた。

「か、かわいい……というか綺麗だ…」
美貌の家令のムスコは、綺麗なピンク色で、持ち主に似て優美な姿をしていた。

「うう、桂木っ……もう駄目だっ」
暁人はこらえきれずに、自らズボンを脱ぎ捨てた。

たちまちムスコが褌を押し上げんばかりに勃ちあがる。
慌てて褌をむしり取ると、赤黒く怒張した我がムスコが大喜びで顔を出した。
早くも先端からトロトロと、悦びの涙をこぼしている。

「はぁっ…かつらぎっ…」
暁人はいきり勃ったムスコを軽くしごいてなだめてから、無我夢中で桂木の美しいモノに擦りつけはじめた。

暁人の灼熱の棒が、桂木のひんやりとしたモノと擦れあい、二人の体温がまじりあう。
暁人は興奮で震える手で、二人のペニスを鷲づかみ、一緒に扱きあげた。
先走りでヌルヌルして、たまらなく気持ちいい。

「んっ…んふ…あぁ…ぁんっ…」
桂木も感じているのか、眉根を寄せ、美しい顔を紅潮させている。

「はぁはぁ…桂木…お前も気持ちいいんだね…んっ…ぼくも…たまらな…いよっ」
「あんっ…あ、…ん…」
暁人の灼熱の棒は、先走りのヌメリを借りて、今にも桂木の秘部に滑り込みそうだった。
だが、かろうじて理性でそれを押しとどめ、桂木の双球の間に擦りつけていた。

「あっ、あぁんっ…んふっ…あっ…」

桂木の下腹部を突くたびに、ぐちゅぐちゅと淫猥な水音がする。
桂木の唇を激しく吸いつつ、交尾中のケモノさながらに激しく腰を振り続けた。

「ああ、かつらぎっ、お前が大好きだよ…お前は僕のものだっ…僕だけの…」
暁人は今にもイキそうだったが、ふとベッドの上のグッズのひとつに目を留め、手に取った。

「そうだ♪これで――」
暁人はペンの蓋を取ると、桂木の真っ白な腹部にペンを走らせた。

「桂木LOVE

そして仕上げに桂木のムスコに、
「 BY 暁人
と目いっぱい大きな文字で書きあげ、満足気に目を細める。
「これでよし♪桂木は僕のものだ」

「そうだ。せっかくの機会だから、愛する桂木にもっと色んなコトを試してみよう♪」

いい加減にしておけばいいのに、つい調子に乗ってしまう暁人きゅんだった。

上半身をよじって、ベッドの上のサンタの白い袋に手を伸ばし、中を覗き込む。

「これは何だろう?どうやって使うのかな。
どれどれ説明書きがついているぞ…なになに……」
「暁人様――」
「ええと、イボイボのついた面を下にして…」
「旦那様――」
「……なんだよ、うるさいな。僕は今忙しいんだ

夢中で説明書きを読んでいた暁人は、いきなりチョンチョンと肩を小突かれビクリとした。

「……」
恐る恐る振り向く。

「うわっ!!」
振り向くと同時に、いきなり首に硬い何かを巻きつけられ、ぐいっと引っ張られた暁人は、大声を上げた。

☆「クリスマスイブの闖入者♪完結編」に続く☆
今度こそ終わるはず。。。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています。応援してね^^

「憂○な○」二次創作の過去記事のもくじはコチラです→「SSお品書き

スポンサーサイト

COMMENT

ふふふ…。
正月早々笑っちゃいました~。
暁人ヤリタイ放題しちゃって超~うける。
でも、挿入は押し止まったのね。偉いっ!!って言いたいところだけど、ヤッちゃって構わないのにっ!!ってか、ガッツリヤッちゃって欲しかったわ。

早くしないと桂木起きちゃうじゃんぁ~~~~んと言う危惧が現実になった後半…。
暁人がただただ心配です。
ん??でも、桂木は手錠で両手の自由を拘束されちゃってるんだよね??
ってことは誰かが乱入してきたのかしら??

もしかして知らず知らずに私の生霊が飛んじゃったのかしら??

完結編も楽しみにしてます。
ニヤニヤ…。

2012/01/03(Tue) 14:01 | Romeo。 #- [Edit
<Romeo。さんへ♪
Romeo。さん、明けましておめでとーございます!(何度でも言うよ)
いつも遊びに来てくださってありがとう~~~!!(感涙)
今年も頑張って妄想するよ~~♪

> ふふふ…。
> 正月早々笑っちゃいました~。
> 暁人ヤリタイ放題しちゃって超~うける。
> でも、挿入は押し止まったのね。偉いっ!!って言いたいところだけど、ヤッちゃって構わないのにっ!!ってか、ガッツリヤッちゃって欲しかったわ。

えへへ、ウケました?超うれしーな♪
えっ、ガッツリヤってほしかった?!(笑)
暁人きゅん、焦らしプレイが好き過ぎて^^;せっかくの大チャンスをフイにしちゃいました…。
でも、おバカな子ほど可愛いですよね(え?)

> 早くしないと桂木起きちゃうじゃんぁ~~~~んと言う危惧が現実になった後半…。
> 暁人がただただ心配です。
> ん??でも、桂木は手錠で両手の自由を拘束されちゃってるんだよね??
> ってことは誰かが乱入してきたのかしら??

えへへ、暁人は、いったい誰に肩をチョンチョンされちゃったのでしょうか…^^
暁人きゅんには、調子に乗ったら大変なコトになるということを、身をもって学んでいただきましょう(←鬼)

> もしかして知らず知らずに私の生霊が飛んじゃったのかしら??

爆笑~~!
振り向いたら、鞭を片手にピンヒールのRomeo。さんが…いたりして~~わおわお♪

> 完結編も楽しみにしてます。
> ニヤニヤ…。

頑張って妄想するよ~!
Romeo。さんもお暇を見つけてガンバってね♪(おねだり~~^^)
2012/01/03(Tue) 14:51 | lisa #- [Edit
うぎゃ~!
LOVEはぁと!
激愛ですよね~。スミマセン、今頃女の小正月、美味しいです。楽しませて頂いています。
2012/01/20(Fri) 14:02 | あぱっしゅ #clExelmY [Edit
<あぱっしゅサマ♪
暁人きゅん、ちょーしに乗り過ぎですよね~~(笑)
桂木が目を覚ましたときにどーなるか、考えなかったのかしら…^^
あ、お楽しみいただけて嬉しいです♪
2012/01/20(Fri) 21:34 | lisa #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。