10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.14 *Tue*

熱い闇。

P1000884_convert_20120214132633.jpg

こんにちは~。

コメディーを連載中なのですが、ふと寝る前に短編ネタを思いついたので、忘れないうちにUPしておきます。

バレンタインデーなのに、超シリアス…^^;

初カプ(?)です。
短いです。
しかもエロなし。

それでもOKというお心の広い、男同士のラブバッチコイの大人の貴女。
続きはクリックプリーズです^^

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています。ポチっと応援してくださると躍り上がって喜びます^^

しのつくような雨の降る暗い日だった。
暁人様の母君、寿美子様が亡くなられたのは――。

長患いをしていた先代暁直様の妻、寿美子様は、久世家に嫁いでからのほとんどを鎌倉の別邸で過ごされていたが、ある日、容態が急変し、手厚い看病の甲斐もなく、たった一晩であっけなくこの世を去られてしまった。

容態急変の知らせを受け、別邸に駆けつけた暁直様は、数日後、妻の亡骸と共に久世家に帰邸された。

最愛の妻を失った哀しみは、たった数日で暁直様の容貌を、まるで別人に変えてしまっていた。
精気を失った眼、こけた頬。
暁直様は、すっかり憔悴しきっていた。
まるで病人のようなご様子に、使用人一同は驚きを隠せなかった。

商談や謀事に飛び回る毎日だった暁直様は、以来、自室に閉じこもり、隠遁生活に入ってしまったかのようだった。
使用人すら部屋に近づけず、部屋に入ることを許されたのは、わずかに執事の田村と私のみだった。

「子爵、失礼いたします」

マホガニーの扉を軽くノックしてから、中に入る。

室内は、昼間から厚いカーテンを締め切り、薄暗い。
その暗がりで一人ベッドに横たわる暁直様の姿に、私の胸はきりりと痛んだ。

「温かいスープをお持ちしました。冷めない内にお召し上がりください」

暁直は瞼を開け、まぶしげに私を見上げた。
ガラス玉のように生気のない目に、わずかに明かりが灯る。

「……智之か。ありがとう。だが食欲がないのだ。そこに置いておいてくれ」
子爵は、力なくベッド脇のテーブルを顎で示した。

「どうか少しでも召し上がってください。力がつきません」
「後でもらう」

私は小さくため息をつき、黙ってテーブルの上に銀の盆を置く。

暁直の落ち窪んだ眼と張りのない肌を見ながら、これでは本物の病人だと思った。
人目を惹かずにはいられない、威厳ある優れた容姿の持ち主だったお方がこのような――。

私は気づいていた。
変わられてしまったのは、容貌だけでない。
暁直様の心もまた、愛する妻と共に死んでしまったのだと――。

だからあの時、
私は暁直様をお慰めする言葉を持たなかったのだ。

私にできたことは、ただひとつ。

私に向かってすがりついてきた細い手を、そっと取ることだけだった――。
もちろん、その手が何を求めているのか承知の上で。

そして、その手をとってしまえば、もう二度と引き返せない禁断の道へと踏み出してしまうということも――。

抱きしめてくる暁直様の体温を――その意外なほどの熱を感じながら、私の脳裏に浮かんでいたのは、父かもしれない厳しい男の貌だった。

あの時、私が感じていたのは、まぎれもなく背徳の悦び。
脳髄まで焼きつくすような、熱い官能の炎――。

だが、あの時の私に、暁直様を受け入れる以外、何ができただろう。
あれから7年半の歳月が流れた今もわからない。

そして今、私を抱きしめているこの若々しい腕は、いったい誰のものなのか――。

私は目の前の生命力溢れる若々しい顔を見つめる。

日々逞しくなり、暁直様の面影を濃くしているこの子供――。

「暁人様――」

そして7年半前と同じ、身を焼き尽くす官能の炎に包まれていくのを感じながら、今宵もまた熱い闇の底に堕ちていく――。

☆fine☆

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています。ポチっと応援してね^^

「憂○な○」二次創作の過去記事のもくじはコチラです→「SSお品書き

拍手もありがとうございます。励みになります^^
スポンサーサイト

COMMENT

No title
しつこくコメントしちゃうよ~。

わぉわぉ、りささんの久しぶりのシリアス~(*´∀`*)
素敵~。
りささん文章書くの本当に上手だよね。
尊敬しちゃう。

桂木目線のお話なのね…。
切ないわ(´;ω;`)
自分を見てなくとも、抱かれるのって辛いよね~。
暁直は桂木を抱きながら妻の名前を呼んでたよね…(クスン)

もちろん暁人の若々しい腕は桂木のモノよ~(>∀< 人)♪
腕だけじゃないわよっ、柔らかい髪の毛も、濁りのない瞳も、厚い胸板もキュッとしまった腰も、もちろん太くて長い肉棒も…。全部桂木のモノです(;゚∀゚)=3ムッハー 
2012/02/14(Tue) 20:38 | Romeo。 #- [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/14(Tue) 21:41 | # [Edit
<Romeo。さんへ♪
わおわお、Romeo。さん、こちらにもありがと~~(嬉)

久しぶりのシリアスになりました^^
この間、寝る前にうとうとしてたら、ふっと思いついたの。
愛する妻が死んでしまって、憔悴しきった暁直が桂木に助けを求める…きっかけは、「魔が差した」みたいな感じじゃなかったかと…。

重たい文章になってないか心配だったんだけど……どうもありがとうございます。
Romio。さん、優しいわ…うるうる。

> 桂木目線のお話なのね…。
> 切ないわ(´;ω;`)
> 自分を見てなくとも、抱かれるのって辛いよね~。
> 暁直は桂木を抱きながら妻の名前を呼んでたよね…(クスン)

暁直はどこまでも桂木には冷たい人だったと思うわ…
なのに桂木ったらひたすら先代と久世家のために生きてきたんだもの…切な過ぎる~~涙
(暁人小僧をちょっと苛めて、ウサを晴らしたくなる気もわかるわ…(え?))

> もちろん暁人の若々しい腕は桂木のモノよ~(>∀< 人)♪
> 腕だけじゃないわよっ、柔らかい髪の毛も、濁りのない瞳も、厚い胸板もキュッとしまった腰も、もちろん太くて長い肉棒も…。全部桂木のモノです(;゚∀゚)=3ムッハー 

爆笑~~~~!
ちょっ、Romeo。さん、どのワードがFC2の逆鱗(笑)に触れたかわかったわ~~~♪
でもやっぱり肉棒は太くて長くなきゃね~^^
2012/02/14(Tue) 22:27 | lisa #- [Edit
<Kさんへ♪
こんばんは~。いつもコメントありがとうございます♪♪

背景、バレンタイン用の新作が上がっていたのを見つけて、試してみたらシックでなかなか良さそうだったので変えてみました。合ってますか?わおわお、嬉しいです♪

ありがとうございます♪
今回、お初のCPだったのでドキドキUPしたのですが、楽しんでいただけてよかったです~。
この二人、人には言えないイロイロがきっとあった(あってほしい^^)と思わせる雰囲気が本家にありますよね。
CDの暁直の、無駄に(え?)色っぽい声を聴いていると、「この二人、ぜってぇ何かあったに違いない」と確信しちゃいます^^
あの声、大人の男の色気が滴ってますよね!

桂木を想ってチョコを…わおわお♪
今日、twitterで桂木botにチョコをどーぞって話しかけたら、「お仕置きですよ」ってレスがきました~わおわお(嬉)

日高先生の薄い本は、アカ◎がシリアスで絵もわりと最近のものでオススメかも。
芸能ものは古いものが多いですが、センセとタキエさんの対談やあとがきなどがとても楽しいですよ。
私も2年半ぐらい前から、地道に集めています。
Kさんもリサイクル店などでラッキーな出会いがたくさんありますように^^

カイロをお腹に…それは温まりそうですね。
お腹と尾てい骨に貼れば、最強かも~^^
しばらく寒さが続きますのでご自愛ください。
2012/02/14(Tue) 22:42 | lisa #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。