08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.13 *Sat*

2010年Double Valentine 企画その1「ダブル・バレンタイン~冴木・柊一」byれん

2010年ダブル・バレンタイン企画を萌え友れんタンと立ち上げました。

レンたん→「スレイヴァー◎」
彩香→「憂鬱な◎」

それぞれバレンタインにちなんだSSをブログ用に用意するということで、早速れんタンがスレイヴァー◎SSを送ってくれました♪ウレシー!ありがと、れんタン~!


ではでは、久しぶりに甘いスレイヴァー◎の世界をお楽しみください♪

彩香も明日のUPを目指して頑張って…ます。
明日にはUPする…ぞ。




SIDE冴木

早朝からの定例ミーティングを終えた冴木は、
コーヒーを飲みながら、自分の多忙なスケジュールを画面に立ち上げた。

しまった。うっかりしていたな……もう2月だ。

2月。
冴木が気にしているのは、
もちろんオリンピックでもなければ、節分でもない。
そう。
社内も世の中も甘い香りに包まれる季節。

それはバレンタインデー

去年は気づくのが遅れて、海外出張が入れられていた。
帰国した冴木が見たのは、信じられない光景。
柊一に届けられた、色とりどりの凝ったラッピングの箱が、段ボール箱にぎっしり。
「ほんの季節のご挨拶ですから……」と言いながら、
チラチラと本気が見え隠れする本格派チョコばかり。
普段は上品で奥ゆかしくビジネスライクな女性社員が、
このときとばかりに張り込んだらしい。




チョコを見ただけでも、腹が立つのに、
柊一さまは、3月のホワイトデーに、お返しをどうしたらいいんだろう・・・などと、
生真面目なことを言い出していて頭を抱えてしまった。

もちろん、俺は全力で止めた。
社長権限をちらつかせ、それでも、納得しない柊一さまを、
最後には、ベッドで意識を飛ばしてしまうまで
朝まで攻めたてて、ようやく思いとどまらせた。
ぐったりした柊一様の顔を思い出すと、
ちょっと反省もしているが、いろいろと新鮮でよかったので、後悔はしていない。

・・・あ。
話が逸れてしまった。


だから。

今年は、早めに手を打った。
綱紀粛正。
歳暮、忘年会、年賀状、新年会、他、季節行事的おつきあいを、職場に持ち込まないこと。

季節行事的おつきあい。
つまり。
バレンタインのチョコなんてものを、職場に持ち込むな!
いや、柊一さまに渡すな!
んなことしたら、お前ら減給だ、いや転勤だ、速攻クビだ!

ということが、言いたいだけなのだった。

・・・だけど。
そう言えば、俺は柊一さまからもらえるのだろうか・・・バレンタインチョコ。
・・・無理だろうな。
あの人が、チョコを準備するなんて、想像出来ない。
こんな季節行事にこだわっているのは、俺だけだ。
あの人は、何にもとらわれないから。

でも。
もらってみたい気もする。

いや、それは、俺の我が侭だ。
長い時間を経て、気持ちを確かめて、愛する人と一緒に暮らしていて。
これ以上を望むなんて、贅沢だ。
「まだまだだな・・・俺も」

コーヒーを飲み干して、次の仕事にとりかるとしよう。


SIDE柊一

もうすぐバレンタインだ。
そういえば、去年はおかしかったな。

女性社員からもらったチョコレートを見たときの冴木の顔。
バレンタインなんて、ちょっとしたお遊び、レクリエーションみたいな
ものだろうに、本気で嫌な顔をして。
家に帰るまで口もきいてくれなくて。
そして、帰ったら、いきなり噛みつくみたいなくちづけをされて、
そのまま寝室に連れて行かれた。
朝まで寝かしてもらえなかったっけ。

よほど、悔しかったんだろう。
あんな無粋な命令をわざわざ社内メールで送ってしまうほど。
確かに僕は、係や課内の忘年会や新年会に誘われてしまったけれど、
そのことが、冴木をあれほどまでに消耗させるとは思わなかった。
「できるならば、あなたを誰にも見せたくありません」
「この部屋で、ずっとあなたを閉じこめておきたいんです」
冴木のこんな言葉は、僕の耳には甘い囁きにきこえた。



今年のバレンタインは日曜日。
でも、きっと金曜日にチョコは飛び交わないだろう。
なんでも、まことしやかなうわさ話が広まっているらしい。
社内でバレンタインチョコを贈ったことが発覚したら、
本人は地方へ転勤、直属の上司は減給3ヶ月だと。
・・・まさか、いくら冴木でも、そんなことはしないのに。

チョコレートのないバレンタイン。
ああ・・・でも、少し寂しい気もするけど・・・。

あ・・・・・そうだ。
今年は僕が冴木にプレゼントしようかな。
おそらく期待してないだろうから、もし、渡したらどんな顔をするだろう。
そう思うと、ワクワクしてくる。

僕は、いろいろな冴木の表情が見たい。
僕を抱いて、僕の中をいっぱいにしているときの、切なげで余裕のない顔。
めずらしく僕からキスをしかけたときの、少しびっくりしたうれしそうな顔。

うん、驚きつつもうれしいと思っている時の表情が好きだ。
こんな事を言うと、嫌がるから言わないけれど、
とても可愛いんだ。
そう。
冴木は、僕の前では可愛い一面を見せてくれる。
可愛い冴木は、最近の僕のお気に入りだ。
誰にも教えたくない、僕だけのもの。

そうだな。
14日には、冴木の可愛い顔を見てみたいから。
バレンタインのチョコを渡して、精一杯ロマンティックな夜を過ごしたい。

さっそく懇意にしている花屋に電話をしよう。
何がいいかな・・・薔薇・・・じゃなくて、春を感じさせる花。
チューリップがいいな。

ああ・・・待ち遠しくてたまらない。


Feb.14 今宵、恋人達に幸せなバレンタインを












スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。