06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.02 *Mon*

暁人様の憂鬱。

本日も妄想デーです。
また書いちゃった…汗。

そろそろネタが尽きてきたかも…ってつぶやいてたら、たまたま通りがかった同居人(笑)がアイディアを授けてくれたので、さっそくそれを元ネタに書いてみました。

桂木、ごめんよごめんよ~。(いろいろ謝りたい(笑))

シリアス&コメディー(半々くらい)。
えろなし。(後編があれば(え?)えろありの予定です)

「なあ、桂木、戻って来いよ!」

「暁人様、何度言えばお分かりになるのです?
私はもう二度と久世家には戻るつもりはございません。
もうそろそろよろしいですか、私は仕事中なのです。あなた一人にかまっていられないのですよ」

桂木はつれない態度で暁人の手を振り払い、すっと席を立つと、隣のテーブルの客たちに麗しい笑顔を残して立ち去ってしまった。

「……桂木」

「暁人様、もういい加減、諦められてはいかがかと」

「うるさい、田村、お前は黙ってろ!」

いかにも高価そうなステンドグラスを嵌め込んだテーブルの脇で、大人しく控えていた執事の田村をじろりと見る。

「僕は絶対、諦めないぞ!今日こそ絶対、家に連れて帰る。桂木は僕のものだ!」

「旦那様……」
田村は悲しそうに肩をすくめた。

桂木が置手紙を残して久世家を出て行ってから、早一年の月日が経とうとしていた。

桂木がいなくなったのを知ったとき、暁人は気も狂わんばかりになって行方を捜した。
だが、どこに消えてしまったのか、まるで手がかりがなかった。
それでも暁人は諦め切れず、あらゆる手段を駆使してようやく桂木の居所を突き止めたのが、今から1ヶ月前のことだった。

しかし、まさか兜町(歌舞伎町なんじゃ…?笑)でホストをしていたとは――。

田村から最初、知らせを受けたときは、冗談かと思った。
だが、半信半疑で、教えられた兜町の店に駆けつけると、確かに桂木はそこで働いていた。

超売れっ子のナンバーワンホストとして。

そこはかとなく気品が漂うクールな美貌。
すらりと伸びた肢体。
見るものすべてを虜にする微笑を浮かべつつ、ウイットに富んだ会話ができる桂木は、店の常連たちの間で大人気を博していた。
常に予約でいっぱいで、久世家跡取りの暁人といえども、順番待ちを余儀なくさせられる程ほどの売れっ子ぶりだ。

そりゃ、桂木はかっこいいから、モテモテなのも無理はないが……。

暁人は苦々しげにつぶやいた。

今日こそ連れ戻そうと、桂木の勤める一流高級ホストクラブに足を運ぶたびに、暁人の神経はどうしようもなく逆撫される。

「桂木の奴……他の男にニコニコしやがって!馴れ馴れしく触らせるんじゃない!
ああ、どうすれば、桂木は戻って来てくれるんだろう……」

頭を抱える暁人に、ふと名案が浮かぶ。

別に名案でも何でもないのだが(笑)、兎にも角にも、それ以外に方法は思いつかなかった。

暁人は店のオーナーを個室に呼び出し、目の前のテーブルにどっさりと札束を積み、こう切り出した。

「桂木智之を買い取りたい」

「そ、それは無理でございます」
オーナーは、慌てて顔の前で手を振った。

「彼はウチの看板ホストなんです。いなくなってしまったら、売り上げががた落ち。私どもはやっていけません。こればかりは、久世家のご当主の望みと言えども無理でございます。いくらお金を積まれても応じられません…」

「――そうか。なら、仕方ない。買い取るのは諦めて、一週間彼をレンタルしたい」

「……そこまでおっしゃるのなら、お受けいたしましょう。ただし、一週間だけですよ」

「わかった。男に二言は無い」
きっぱり断言する暁人だった。

が、もちろん守るつもりなど毛頭もない。

とにかく、桂木を屋敷に連れ戻すことが先決だ。
いったん、部屋に連れ込んでしまえば、あとはもうなし崩しにするまでだ。

桂木には僕しかいないということを、今度こそ身体ごと教えてやる――。

全身に闘志をみなぎらせる暁人だった。

☆『ご主人様の憂鬱・後編』に続く☆

……かもしれない(笑)
思いっきりシリアスに書きたいんだけど…。(希望)
スポンサーサイト

COMMENT

こんばんは~。
予告通り参上しました。
ちょっとの間にまた新しい妄想がupされてるじゃあ~りませんかっ!!←浜村淳風
なんて素晴らしいの~。
暁人の桂木に対するウザい愛。でも、桂木に相手にされないなんて、なんて切ないの~。←でも笑っちゃう。
後篇はもちろん無理やりHですね。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
lisaさんいっぱい妄想して~。そしてお話読ませて~。
2011/05/02(Mon) 19:18 | ロミオ。 #- [Edit
<ロミオ。さんへ♪
わ~い、いらっしゃいまし♪
早速コメントありがとうございます!

昨日辺りからヤバイくらいテンション上がって(リレーSSのせい?笑)、妄想の箱の蓋が開いちゃいました。
今まで長いこと放置プレイだったのが、嘘みたいに更新しまくってます。GW終わったらそうもいかないでしょうけど…涙

妄想は基本一人でするものですが、一緒に萌えてくださる方がいると、楽しさ倍増ですね♪

これからも萌えMAX!(え、疲れる?笑)でヨロシクお願いします。

ロミオ。さんの新作楽しみにしてます!(もうおねだり^^)

私もシリアスで無理矢理(笑)な後編ガンバるぞ~。

2011/05/02(Mon) 20:35 | lisa #5ddj7pE2 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。