05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.03 *Tue*

暁人様の憂鬱・後編

P1000649_convert_20110503193758.jpg

暁人様の憂鬱」の続きです。
R18&ドシリアス。
無理矢理系。(ああ、ドSの血が騒ぐ…(オイ))

♂同士の愛が苦手な方&オコチャマは厳禁でお願いします。

暁人がネチネチ鬼畜もどきです。(いや、私が?)

えろ、しかないです。(照)

それでもOKな大人の貴女。
続きはクリックプリーズです。
「……桂木…?」

どうやら桂木は意識を飛ばしてしまったようだ。
暁人は、乱れたシーツの上にぐったりと横たわる桂木を見下ろしながら思った。

汗ばんだ白い肢体に、点々と散る赤い薔薇のようなキスマークがなまめかしい。

「少しやり過ぎ…た、かな……」
意識を失い、苦痛に眉をひそめている桂木の美しい顔を見下ろしながら、暁人は自嘲気味につぶやく。

カーテン越しにまぶいしい光が差し込んでいる。
すでに日が高く昇っていた。

昨夜遅く、桂木が勤めるホストクラブのオーナーに話をつけて、桂木を強引に屋敷へと連れ帰ってきた。
そして、嫌がる桂木をそのまま部屋に引っ張り込み、ベッドに押し倒して無理矢理抱いた。

朝が来るまで、何度も何度も――。

「すまない…でも、強情なお前が悪いんだよ。
僕はお前を苦しませるつもりなど、これっぽっちもないんだ」

乱れた黒髪を優しくかき上げ、そっとつぶやく。
美しい額に口づけると、桂木はかすかに呻き、うっすらと瞼を開いた。
美しい漆黒の目が、ぼんやりと暁人を捕らえる。

「…あき…人さま……もう…」

桂木の切れ長の美しい目尻から、一筋の涙がこぼれる。
苦痛を滲ませた潤んだ瞳で見つめられると、また身体の奥から突き上げるように愛おしさがこみ上げてくる。
一晩中、散々に蹂躙したというのに。

「桂木――」

両手で頭をとらえ、視線を合わせながら、柔らかい唇を荒々しく奪う。

「んんっ……」

舌を深く差し入れ、激しく舌を絡め合わせる。
つっと唾液が糸を引いて落ちる。
貪りつくすような熱い口づけに、暁人の身体の芯に再び快楽の火がともる。

ああ、桂木、僕はお前を何度抱いてもまだ足りないよ――。

桂木の滑らかな首筋に舌を這わせ、胸元までたどっていく。
白い肌に、ほんのり薄桃に色づいた小さな突起がなまめかしい。
暁人はごくりと喉を鳴らし、むしゃぶりついた。

「っぁ…っふ……っん…」

桂木が甘い吐息を漏らす。
感じているのを必死に押し隠そうとしている。
その色っぽい喘ぎを聴いているだけで、暁人の下半身が熱く硬くなった。

桂木のほっそりした脚の間に手を伸ばし、まだ柔らかい中心をぎゅっと握り締めた。
袋ごとやわやわと揉みしだいてやると、すぐに芯を持ち頭をもたげてくる。
愛しむように竿全体をしごいていると、先端からとろとろと蜜が溢れ出す。
それを塗りこめるようにして、後ろに指を挿れ、かき回した。

「んんっ…やぁっ、はぁ…っ…」

桂木が色っぽい声で啼く。

「ここが好きなんだろ…もうわかってるんだ…お前のことは何もかも――」

耳元で囁きながら、ぐちゅぐちゅと淫らな音をわざと聞かせるようにかき回す。
嫌がって必死に閉じようとする細い足首をとらえ、大きく広げさせた。

「……うう……っ」

恥ずかしい部分が丸見えになり、桂木は羞恥に目を閉じ、顔を背けた。

「桂木…きれいだよ」

熱い視線で秘部を舐めるようにして、羞恥を煽り立ててやると、桂木の汗ばんだ白い肌がカッと赤くなる。

そっと桂木自身に唇を近づけ、裏すじに沿って舌を這わせた。
軽くしごきながら先端を舌でつついてやると、桂木は淫らに身体をくねらせ逃れようとする。

暁人はちらりと上目遣いで桂木の媚態を満足気に見やりつつ、執拗に桂木の弱い部分を舌先でちろちろと翻弄する。

「……あき…も…やめ…っ」

「だめだ」
きっぱりと言い渡す。

「いくら懇願しても、絶対に止めてやらない……お前は僕のものだ。二度と離さない。だって離したら、お前はまたどこかに行ってしまうだろ。そんなの嫌だ。絶対に!」

噛みつくように唇を奪うと、桂木の背中に腕を回し、砕けんばかりに抱きしめる。

「桂木…かつらぎ……」

桂木を求めてそそりたった熱いモノを、熱い内部に押し挿れた。

これは、お前を僕だけのものにする所有の楔――。
たとえ束の間の儚いものであっても、今だけは僕たちを誰よりも深く結びつけてくれる。

分かっているんだ。
どんなに抱いても、お前は決して僕のものにはならない――。

それでも僕は、こうしてお前を求めずにはいられない。

ああ、桂木、僕はこんなにもお前を愛しているんだよ――。

暁人は脳髄が痺れるような悦楽の中で、熱く熟れた桂木の中に所有の楔を打ち込みつづけた。
やがて、全身が快楽にとろけ、桂木とひとつになるまで――。

☆おしまい☆

ちょっと尻切れトンボな感じのエンディングでごめんちゃい。

桂木を好きにしたい(笑)一心で書きました。
あああ、私も桂木が好きだ~~~!!

GWに私は何を叫んでるんでしょうね…汗
隊長、早くBBQから帰ってこないかしら…(寂)
お風呂入ってこよー。
スポンサーサイト

COMMENT

絶倫暁人様に乾杯。男前だわ。
あまり桂木を掘ってばかりいると桂木が痔になっちゃうYO。私も桂木に楔を打ち付けたいわ~。
桂木が嫌がるほど桂木を抱きたくなる心情がわかるようなきがしますよ。手に入らないものほど欲しくなるものですよね~。
って、ことで、私は今から桂木と一緒に風呂入ってきます。桂木に身体洗ってもらおうっと←春になると頭おかしい人増えるからね。
2011/05/03(Tue) 22:32 | ロミオ。 #- [Edit
<ロミオ。さんへ♪
お帰りなさいまし♪
お疲れさまでした。海辺は相当寒かったようですね。
早速コメントありがとうございます!

> 絶倫暁人様に乾杯。男前だわ。

若いもんは、ええのぉ~♪って、暁人に嫉妬メラメラですよ。

> あまり桂木を掘ってばかりいると桂木が痔になっちゃうYO。私も桂木に楔を打ち付けたいわ~。

桂木が痔…それは、いけない~暁人に言っておかなきゃ(笑)
でも私も楔があれば、桂木に打ちつけたいわ…^^;

> 桂木が嫌がるほど桂木を抱きたくなる心情がわかるようなきがしますよ。手に入らないものほど欲しくなるものですよね~。

嫌がる桂木を無理矢理…っていうのが、自分的な萌えの原点(オイ)のような気がします。
どうしてもそこへ持って行きたいらしい…汗
いつかラブラブな二人を妄想してみたいわ。

> って、ことで、私は今から桂木と一緒に風呂入ってきます。桂木に身体洗ってもらおうっと←春になると頭おかしい人増えるからね。

えええっ、ロミオ。さん、それは駄目です~~!暁人様に言いつけちゃうぞ。
…ああ、そっかあ!最近自分でもちょっとおかしいって思ってた(笑)んだけど、春のせいかも…。せいにしとこう。
2011/05/03(Tue) 23:16 | lisa #- [Edit
萌えセリフ尽くし(喜)
もうッ…♪萌え過ぎて放心状態(笑)

しかも更新ペースが素晴らしく速くててコメントが追い付きません(喜)

年下絶倫執着攻め…これ凄く凄く良いですo(^∇^o)(o^∇^)oご馳走様でした♪♪
どうやったらこんなに萌えセリフ沢山浮かんでくるんですか?正に才能(愛)ですよね(//∀//)はあはあ…

それから前田侯爵邸の画像で妄想が更に膨らみます♪いつか行きたいです。鎌倉の別邸と代官山(うろ覚え…)の水川邸モデルも(´∀`)
2011/05/04(Wed) 14:49 | 藤本暁生 #- [Edit
<暁生さんへ☆
こんにちは~コメントありがとうございます♪
GWはお忙しいのにステキリレーもありがとうございます!

> もうッ…♪萌え過ぎて放心状態(笑)
> しかも更新ペースが素晴らしく速くててコメントが追い付きません(喜)

暁生さんに萌えていただけたら、私も嬉しいです~♪
…いつもはこんなんじゃないんですけど、GWで時間がたっぷりあるので、妄想が止まらないの…(照)。
仕事が始まらないうちに、ってせっせと書いてます^^;

> 年下絶倫執着攻め…これ凄く凄く良いですo(^∇^o)(o^∇^)oご馳走様でした♪♪

年下絶倫執着攻め…爆笑です~~!
暁人ってば、ものすごいタイトル獲得ですね(笑)。
きっと喜んでると思います。

> どうやったらこんなに萌えセリフ沢山浮かんでくるんですか?正に才能(愛)ですよね(//∀//)はあはあ…

えへへ…暁人になりきって、愛しの桂木をアレコレしてます。
はあはあ♪(危)

> それから前田侯爵邸の画像で妄想が更に膨らみます♪いつか行きたいです。鎌倉の別邸と代官山(うろ覚え…)の水川邸モデルも(´∀`)

以前に前田邸で写真とりまくってきたので、使ってみようかなと♪
本当にステキな洋館なので、暁生さんもぜひぜひ!
蓉ちゃんのお家も近いうちに行ってみたいと思ってます。
2011/05/04(Wed) 17:57 | lisa #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。