10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.16 *Mon*

露天風呂へGO♪第二話

P1000851_convert_20110515223730.jpg
予約投稿です。
きっとあたいは通勤中…涙

露天風呂へGO♪第一話」の続きです。

なんだか思いがけずふたりが和んじゃってます。
第二話もR18にたどり着かなかった。
…ごめんちゃい、汗。

でもまだまだ夜は長いから…(笑)
暁人は手早く浴衣を脱ぎ、脱衣かごに入れると、帯をその上に乗せた。
白い手ぬぐいで前を隠し、振り向いてみれば、桂木はまだそこに突っ立っていた。

「何だ、桂木。お前もさっさと脱げよ」
「少し風邪気味なのです。暁人様に移してしまわないかと」
桂木がためらいがちに告げると、暁人は力強く言った。
「そんな心配するなよ。どうせ僕たちしかいないんだ。ゆっくり体を温めれば、風邪なんか吹き飛ぶさ。ほら脱げ脱げ♪」
「―――」

暁人は頭に手ぬぐいを乗せて、のんきに鼻歌を歌いながら、広い岩風呂へ近づいた。
ぴちょんと指を湯に浸してみる。
「うん、いい湯加減だ」
そして、もわもわと白い湯気の立つ湯にゆっくり全身を沈めて、歓声を上げる。
「あ~、気持ちいい~。天国だ♪桂木、お前も早く来いよ~」

桂木は横を向いたまま、ひどく緩慢な動作でジャケットを脱ぐと、丁寧に畳んで脱衣かごに入れた。
細い指をネクタイの結び目に入れ、するりと優雅に解き、シャツの釦を上からゆっくりとはずしていく。
優雅なしぐさで身に着けているものをひとつひとつ脱いでいく桂木を、暁人はのんびりと岩肌に持たれながらうっとり見つめていた。

ようやく桂木は手ぬぐいで前を隠して岩風呂に近づいてくると、岩風呂の端、つまり暁人からたっぷり離れた場所に、静かに身を浸した。

「お~い、桂木。遠慮はいらないから、もっとこっちに来いよ~」
バシャバシャと湯を叩いて、大声で桂木を誘う。
それでも動かない桂木に焦れて、湯の中を歩いて近づいていく。

「まったくどこかの令嬢でもあるまいし、そんなに恥ずかしがることないだろ。僕たち、男同士なんだから」

だから危ないんですよ――。
桂木は喉まで出かかった言葉を飲み込んだ。

私たちは、いつまでもこんな爛れた関係を続けているわけにはいかないのです――。

どこまでも静かな夜――。
まるでこの世にふたりだけしか存在しないかのような錯覚を覚える。

「なあ、桂木。お前とこうして風呂に入るのは久しぶりだな」
桂木の隣でゆったりと手足を伸ばし、満天の星空を見上げながら、暁人が話しかけた。

「そうですね。あなたがまだ子供のころは、たまにご一緒することもありましたが」
「ああ、お前のこと、なんて大きくてたくましい男なんだって思っていたのに」
「……今ではご自分の方が大きくなられたと」
「そうだ。いつも僕はお前に憧れていた。お前のようになりたいと思って努力してきた。学業も運動も社交も、何もかも……」
暁人は言葉を切った。

「いつかお前に認められてそして……」
「そして?」

「いつのまにか、お前のことを抱きたいと思うようになっていた――」
暁人はまっすぐに桂木の漆黒の目を見つめた。

☆「露天風呂へGO」第三話に続くのだ☆
う~ん、原作好き過ぎて、どうもセリフ覚えちゃってる気がするlisaです^^
覚えのあるセリフがあった貴方も…重症ですぞ(笑)。
スポンサーサイト

COMMENT

重症者がここにも(笑)
ビバ予約投稿!嬉しい(*^□^*)

週末までお預けだと思ってたから…でも念のため伺って良かったあ(´∀`)♪♪

やっぱり桂木は頭が先で暁人は体に正直…

桂木が服を脱いでいく描写とかハアハア言いながら読みました!焦らされるのすきなので(笑)

しかし、良いね良いね!
昔話をしながらそういう方向に進んでいくのですね、昔手の届かなかった存在が今こんな無防備な姿で同じ湯の中に(愛)

下剋上の薫りもほのかに感じつつ(喜)

ウ腐腐…言葉攻めくるかな?o(^-^)o
2011/05/16(Mon) 09:37 | 暁生 #- [Edit
この写真のお屋敷は鎌倉のお家と勝手に妄想。
久世家本邸は洋館、鎌倉の屋敷は純和風だと思ってます。
私も一緒に風呂入っていいですか?(笑)
2人とも白い手ぬぐいで前を隠して入ったんですね。何で隠すんだよっ!!見えね~だろうがっ!!って悶々としちゃいました。
暁人は前を隠していた手ぬぐいを洗って頭の上に乗せたのかしら?気になるわ~。
後半は、シリアスですね(嬉)
暁人の切ない思いが溢れてるわ~。
その暁人の熱い思いを桂木はどう受けるorかわす?のかしら?3話が楽しみだわ~。
で、私的には本家のセリフと被るのは凄く好きです。本家とセリフがかぶってると、妄想が膨らむよ~。
リアルに日高先生のイラストを思い浮かべてお話が読めます。
大歓迎だわ~。
萌えをありがと~。
もうカウントダウン入ったよね~。
本当に楽しみだわ~。
2011/05/16(Mon) 22:50 | ロミオ。 #- [Edit
<暁生さんへ☆
こちらにもありがとうございます~♪

> 週末までお預けだと思ってたから…でも念のため伺って良かったあ(´∀`)♪♪

昨日の夜は、妄想が渦巻いて寝られなかったから(笑)勢いで書いたの…^^
早速、見に来てくださってありがとう~♪

> やっぱり桂木は頭が先で暁人は体に正直…

暁人の若さと勢いが、何気に羨ましいのです^^;

> 桂木が服を脱いでいく描写とかハアハア言いながら読みました!焦らされるのすきなので(笑)

lisaもハアハア言いながら書いたシーン(危)なので、そう言っていただけるとテンションあがります~♪
ふむふむ暁生さんは焦らしプレイがお好き…メモメモ(笑)

> しかし、良いね良いね!
> 昔話をしながらそういう方向に進んでいくのですね、昔手の届かなかった存在が今こんな無防備な姿で同じ湯の中に(愛)

フルコースのご馳走を目の前にした飢えたオオカミさん状態^^
これはもう誰にも止められない~~~♪

> 下剋上の薫りもほのかに感じつつ(喜)
> ウ腐腐…言葉攻めくるかな?o(^-^)o

暁人きゅん、どうするかな?
言葉攻めあんまり得意そうじゃない(←失礼)ので、頑張っていただけねば~。
2011/05/16(Mon) 22:51 | lisa #- [Edit
<ロミオ。さんへ♪
こんばんは~。コメントありがとうございます♪

> この写真のお屋敷は鎌倉のお家と勝手に妄想。
> 久世家本邸は洋館、鎌倉の屋敷は純和風だと思ってます。

鎌倉の別邸は、きっとこんな感じのこぢんまりとした和風建築ですよね♪
桂木と暁人には、ここで幸せに引退後暮らしてほしい…。

> 私も一緒に風呂入っていいですか?(笑)
> 2人とも白い手ぬぐいで前を隠して入ったんですね。何で隠すんだよっ!!見えね~だろうがっ!!って悶々としちゃいました。
> 暁人は前を隠していた手ぬぐいを洗って頭の上に乗せたのかしら?気になるわ~。

爆笑~~!ロミオ。さんもぜひ乱入しちゃってください(笑)
一応、二人ともつつましい感じにしてみました。焦らしプレイ?
ロミオ。さん、かなりの綺麗好きと見ました~。
久世家で暁人様のためにお洗濯してさしあげたら、喜ばれますぞ♪

> 後半は、シリアスですね(嬉)
> 暁人の切ない思いが溢れてるわ~。
> その暁人の熱い思いを桂木はどう受けるorかわす?のかしら?3話が楽しみだわ~。

たまには(笑)シリアスも書かないと…って突然、危機感(?)を感じたの。
本編を忘れてしまいそうで、ちょっと心配…^^;
切なくてほのかにえろすの香りが漂う感じが理想なのだけど……精進します!
桂木はいつもクールに澄ましてるけど、暁人様と一緒にいるといつもテイソー^^;の危機ですよね。
今回はどうするのかなぁ^^

> で、私的には本家のセリフと被るのは凄く好きです。本家とセリフがかぶってると、妄想が膨らむよ~。
> リアルに日高先生のイラストを思い浮かべてお話が読めます。
> 大歓迎だわ~。
> 萌えをありがと~。

そう言ってくださると、とっても嬉しいです~♪
ロミオ。さん、こちらこそありがと~。
ロミオ。さんは、本家とセリフがかぶると妄想ムクムク…メモメモ(笑)。

> もうカウントダウン入ったよね~。
> 本当に楽しみだわ~。

今から嬉しくて眠れないよ~~~。
あ~~迎えにいくから待っててね、桂木~~~~!!
2011/05/16(Mon) 23:23 | lisa #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。