10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.04 *Sun*

囚われて。その7(最終回)

P1000748_convert_20110903211556.jpg
囚われて。6」の続きです。

例によってR18です。
♂同士のラブOKな、大人の貴女に捧げます。

最終回なので、おつきあいいただけると嬉しいです。

少々強引に、最終回にこじつけた感じかも…汗。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
「ああっ、かつらぎっ!……ううっ…」

暁人はあっけなく、桂木の内部に熱い飛沫を放った。

呆然とした表情で、はぁはぁと荒い息をしている暁人に、桂木が静かに問いかける。

「暁人様、お答えください。なぜ、私をこのようなところに閉じ込められたのですか?」

「……」

「わざわざ犯罪まがいのまねをして、私を監禁したりせずとも、抱きたいときに抱けるはずです…いつもなさっているように」

桂木の黒い瞳の奥で何かが揺れる。

「しかも、またしょうこりもなく石崎さまからもらったおかしな薬など使って――あなたもつくづく懲りないお方ですね」

「……」
暁人は拗ねたように唇をとがらせ、沈黙したままだ。

「わかりました。旦那様がお答えにならないのなら、こちらにおききましょう」

そう言うと、桂木は暁人の股間でうなだれていた分身をつかみ、躊躇うことなく先端に口づけた。

「…か、桂木!」

桂木の柔らかい唇が、ちゅっ、ちゅっと軽い音をたてて、暁人の分身に挨拶する。
その触れるか触れないかの絶妙なタッチが、若い暁人を焦らし、追い詰め、狂わせる。

「…はぁっ…はっ…ん…」

たった今、イったばかりの分身が、恥知らずにも、またむくむくと頭をもたげてくる。
桂木が欲しくてたらまないというように、揺れている。
それを見て、桂木はうっすらと微笑した。

「おかしいですね。媚薬を使われたのは、確かあなたではなく私なのに……」

桂木の嫌味に気づき、暁人の頬がかっと熱くなる。

そんな暁人の様子を桂木は上目遣いでうかがいながら、淫らな舌先でちろちろと先端をくすぐる。

「…はっ、か、かつらぎ…もう…」

もういいから…、と言いかけた暁人は、柔らかい唇に分身をすっぽりと含まれ、絶句する。
やわやわと締めつけられ、声もなく身悶えた。

愛しい桂木の唇で可愛がられた分身は、いまや先端が赤く腫れ、ビンビンにそそり勃っていた。

桂木が欲しくて欲しくてたまらない。

度を越した快感で、暁人の視界が白く濁っていく。
そのぼんやりとした白い靄の中で、桂木が暁人の上に跨がり、ゆっくりと自ら腰を落としていくのが見えた。

「…ひっ、…んんっ…はぁっ、だめ!…かつら…動かな…」
暁人がびくびくと震えながら、涙目で抗議する。

「旦那様、私の質問にお答えください。でないと――ずっと朝までこのままですよ――」

桂木は美しい唇の端を吊り上げて、悪魔のように微笑むと、後ろの口で暁人ぎゅっと締めつけた。

「そ、そんなっ…ううっ!…」

呻き声をあげる暁人の上で、桂木は容赦なく腰を上下させる。
そのたびに、結合部が淫らな水音をたてる。

「…はぁ…んふっ…ん…」

快感のあまり、意識が遠のきそうになり、無意識に桂木へと指先を伸ばす。
桂木はそれをとらえ、口に含んだ。
快感で眇められた暁人の目を見つめながら、その指をぴちゃぴちゃとねぶる。

「暁人様、私の質問に答える気になりましたか」

絶望的な表情を浮かべる暁人を見下ろしながら、勝ち誇ったように言う。

「…うう……やだ…」

「あなたも、たいがい頑固ですね。そんなところは、先代にそっくりです。
もっとも、先代はあなたと違ってストイックでしたが……」

暁人の上で揺れながら、桂木が一瞬、遠い目をした。

「…んんっ…あっ、あぁっ…気持ちイイっ…」

びくびく全身を震わせながら、暁人はまたしても吐精した。

シーツに仰向けになったまま、ぼんやりと桂木を見上げている。
その表情はそのまるで、魂が抜けたようだ。

暁人がそのまま泥のような眠りに引きずりこまれようと、瞼を閉じたとき、口元に熱い吐息を感じた。

桂木の熱い舌が入りこんでくる。
ねっとりと舌を絡められ、吸い上げられる。

桂木からの熱い口づけ――。

暁人の全身が陶酔に包まれた。

と、同時に、桂木の中に囚われたままの分身が、また芯を持ち始めたことに気づき、慌てる。

だ、駄目だ。
このままでは、もう身がもたない――。
この調子で、朝まで桂木に搾り取られたら、本当に死んでしまうかもしれない。

石崎の奴、
またこんな危ない薬をよこして――。

暁人は、内心石崎に向かって舌打ちし、とっさにプライドと身の安全を計りにかけた。

「ぼ、僕は知ってるんだ」

「何をです」

「石崎も森山夫人も…そのほかにも有力者たちが、こぞってお前を自分の家に迎え入れたがっているんだろう…みんなお前を欲しがっているんだ!」

いったい何を言い出すんだとばかりに、桂木の漆黒の目が驚きに見開かれる。

「…だ、だから、桂木、お前をこうして閉じ込めでもしないと…お前、僕を置いて出て行ってしまうだろ!!」

暁人はそう吐き捨てるように言うと、目を逸らせ、子供のように頬をふくらませた。

「暁人様――」

桂木の瞳の色が、ふわりと優しくなる。

「よろしいですか、暁人様。
こんなまねをなさななくても、鎖などで縛らなくとも、誰にもあなたと私を引き離すことなどできないのです」

母親のような優しい手で、暁人の乱れた前髪を顔からはがしてやる。

「だって、あなたは私に囚われているのですから。
これまでも。
そしてこの先もずっと。
あなたと私は一緒です。永遠に――」


暁人は薄れゆく意識の中で、幸福感に包まれながらその声を聴いていた。

そうだったのか――。
僕は桂木にずっと囚われていたのか。

そして、この先もずっとお前と一緒にいられるのか――。

良かった――。

暁人は、今度こそ安心して瞼を閉じた。

☆おしまい☆
長々とおつきあいいただきて、ありがとうございました^^

次回は久々に、コメディーでイッテ^^みたいな。

それにつけても、本家のCD、早く聴きたいなぁ♪
スポンサーサイト

COMMENT

こんばんはv
週末だしそろそろかしら?と思いつつ伺いました(^^v

桂木は絶対只では起きないとは思っていましたが、
後半のプレイも流石女王の貫録・・・(喜)ごちそうさまです!

囚われて、というタイトルの深さにも大変唸りましたv
囚われていたのは暁人の方…
桂木の方もちゃんと囚えてあげないと心配だし
これからも良い意味でお互いに束縛しあっていって欲しいですね(涎)
2011/09/04(Sun) 00:45 | 暁生 #- [Edit
こんばんは~♪
やっぱりストーカーのロミオ。です。←マジこわっ(汗)

暁人きゅん、イクの早すぎるわっ!もう少し辛抱しないと桂木に勝てなくてよ。←なぜか上から目線www
でも、若さがあるから回数で勝負なら桂木に勝てるはず。

桂木も、かなかりの好き者だわね。
媚薬だけのせいじゃないと思うのよ。あれは絶対素面だと思われます。

そして、最後は暁人きゅんの泣き落とし~www
そしてまんまと騙される桂木はバカップル?で可愛しでした。
で、何回したんだ?((爆))
2011/09/04(Sun) 00:50 | ロミオ。 #- [Edit
<暁生さんへ♪
こんにちは~。妄想の週末がやってまいりました(笑)
コメントありがとうございます♪

> 桂木は絶対只では起きないとは思っていましたが、
> 後半のプレイも流石女王の貫録・・・(喜)ごちそうさまです!

桂木、やっぱり暁人きゅんを尻に敷いちゃいそうな予感です^^;
頑張れ、旦那様~~!(笑)

> 囚われて、というタイトルの深さにも大変唸りましたv
> 囚われていたのは暁人の方…
> 桂木の方もちゃんと囚えてあげないと心配だし
> これからも良い意味でお互いに束縛しあっていって欲しいですね(涎)

はい、この二人は、出逢った瞬間から、囚われあっちゃう運命だったと思います^^
だから、桂木、暁人さまから逃げられると思っちゃ甘いぜ!(←本家の話です、笑)
そうですよね。桂木もちゃんと囚えてあげないと、旦那様が暴走しちゃうかも…^^;
2011/09/04(Sun) 13:40 | lisa #- [Edit
<Romeo。さんへ♪
こんにちは~♪いつもコメントありがとうございます!

> 暁人きゅん、イクの早すぎるわっ!もう少し辛抱しないと桂木に勝てなくてよ。←なぜか上から目線www
> でも、若さがあるから回数で勝負なら桂木に勝てるはず。

爆笑!!
…やっぱり、ちと早すぎましたね…汗。
もうもう、きゅんったら若いんだからぁ~!(←きゅんのせい?)
次回は持久力じゃなくて、回数で勝負させちゃいましょう♪
桂木焦るかも~~(笑)

> 桂木も、かなかりの好き者だわね。
> 媚薬だけのせいじゃないと思うのよ。あれは絶対素面だと思われます。

えへへ、バレちゃった~(笑)
桂木ラブのRomeo。さんには隠せない…何もかもお見通しだわ~~♪

> そして、最後は暁人きゅんの泣き落とし~www
> そしてまんまと騙される桂木はバカップル?で可愛しでした。
> で、何回したんだ?((爆))

桂木、速攻、きゅんにほだされちゃいましたね。。。
やっぱりこの人たちバカップル?(笑)

えっ、何回?!
爆笑~~~!
いやんいやん、Romeo。さんったら、そこですか~~!(嬉)
今度ちゃんと数えてみますね~~、わおわお♪
2011/09/04(Sun) 13:51 | lisa #- [Edit
こんにちは~。とうとう最終話ですね;
勿体無いから1話から読み返しジックリ堪能し読ませて頂きました///読みながら、も、2人の姿と声まで勝手に頭の中で妄想し動いてるもんで、アレ痛も忘れハァハァ悶死しちゃいそうでした///薬使って監禁してまで桂木を傍に置きたいんですね///暁人さまの必死な青臭さがたまりませんねvvv桂木の艶かしく煽り誘う姿も素敵です///
実は囚われていたのは暁人さまだったなんて///
ドキドキムラムラ…最後、キュンってきちゃいました←
萌えを有り難うございます。次回はコメディですか?楽しみに待ってますvvv
2011/09/07(Wed) 14:04 | 凛々丸 #03xh9CF2 [Edit
<凛々丸さんへ♪
こんばんは~~。コメントありがとうございます♪

> こんにちは~。とうとう最終話ですね;
> 勿体無いから1話から読み返しジックリ堪能し読ませて頂きました///

わおわお、1話から読み返えされたんですか!恥ずかしい~~(汗)
でもでも、どうもありがとうございます^^

読みながら、も、2人の姿と声まで勝手に頭の中で妄想し動いてるもんで、アレ痛も忘れハァハァ悶死しちゃいそうでした///

凛々丸さん、お腹の具合は大丈夫ですか?
無理なさらず、桂木に^^癒してもらってくださいね~~♪

薬使って監禁してまで桂木を傍に置きたいんですね///暁人さまの必死な青臭さがたまりませんねvvv桂木の艶かしく煽り誘う姿も素敵です///

暁人は桂木のためならもうなりふり構わず必死って感じです^^
桂木にはいつも適わないのに^^懲りないったら…笑。
そんな暁人を、煽る桂木は、魔性の誘い受け~~~わおわお♪

> 実は囚われていたのは暁人さまだったなんて///
> ドキドキムラムラ…最後、キュンってきちゃいました←
> 萌えを有り難うございます。次回はコメディですか?楽しみに待ってますvvv

拙作を読んでいただいてコメントまでいただいて、こちらこそありがとうございます^^
コメディー頑張ります♪
凛々丸さんも、桂木の萌え絵よろしくお願いします~~!!
2011/09/07(Wed) 21:32 | lisa #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。