04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.13 *Thu*

めばえ。(sideアキヒト)

51iL3SQq2AL__SS500__convert_20110507222936.jpg

全サペーパーのクラスメート設定に萌えたので、ふと書いてみました。
思いつきで書き始めたので、オチはないです…汗。

シリアス。
そしてR18ですが、エロくないです。
だってふたりとも未成年設定だから^^

ふたりが同い年でクラスメート。
高等部の一年生の秋ぐらい…のお話です。

もちろん本家とはいっさい無関係の妄想です^^;

♂×♂のラブがOKな貴女、クリックプリーズ♪

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
「桂木智之……」

休み時間、久世暁人は本日何度目かのため息とともに、その名をつぶやいた。

「どうした久世、浮かない顔して。お前らしくないぞ」
親友の石崎が心配して声をかけてくれたが、暁人は相変わらず夢みるような目つきでぼんやりとしている。

「なあ、石崎。桂木のことどう思う?」
「桂木?同級生の桂木智之のことか?」
「ほかに誰がいるんだよ」
「だったら俺は嫌いだ。前にも言ったと思うが」
「……」

「あいつがどうかしたのか?」
「……いや、いい。何でもないよ」

暁人は、無骨で優しい友人に微笑んだ。
お前に訊いたのが間違いだった、と心の中でつぶやきながら。

桂木智之――。
高等科に進み、ようやく同じ教室で机を並べられるようになれたというのに、相変わらずよそよそしい。

久世の分家の三男だというのに、いつもまるで僕のことなど眼中にないという顔をしている。
あの綺麗な顔でつんと取り澄ましているのだ。

それが悔しくて、何とか振り向かせたくて、僕は散々努力しているのに――。

一度でいい。
いつもつまらなそうな顔をしている桂木の笑顔が見たい。

僕はただ彼と友達になりたいだけなのに――。

いや、本当にそれだけだろうか?

暁人は、二列離れた窓際の桂木の席に目をやった。

桂木は一人で本を読んでいる。
相変わらずクールで美しい横顔だ。

勉学一筋。
淫らな事になどまるで興味がないというような、聖人君子のように潔癖な雰囲気をまとっている。

近寄りがたい、というより、すでに冒し難い神聖な雰囲気すら漂っている。

いつごろからだろう。
僕の中で桂木が特別な存在になったのは?

たぐいまれな美しい容姿と秀でた知性。

周囲の目を惹きつけずにはいられない存在なのに、なぜか周りと交わろうとせず、孤高であろうとしているように見える。
その頑なで淋しげな様子が、どうしようもなく気になって……。

気づけば、いつも桂木のことばかり考えるようになっていた。

そして近頃、この気持ちに拍車を駆けるように、桂木の夢を見るようになった――。

そうだ、僕が彼を意識し始めたのは、夢のせいだ。
暁人は思い出して、ひとり顔を赤らめた。

夢の中の桂木は、現実の彼とはまるで違っていた――。

一糸まとわぬ姿で、おしげもなくその艶かしい肢体を暁人の前に晒していた。
その白い滑らかな胸に息づく、二つのピンク色の蕾がやけに扇情的で、暁人はごくりと喉を鳴らす。

桂木は、ふだんのクールな表情からは想像もつかない、妖艶な笑みを口元に浮かべ、暁人を大胆に誘うのだ。

戸惑う暁人を、扇情的な表情で見上げながら、その赤い唇に暁人の指を含み、一本一本焦らすようにねぶる。
そして、うっとりとしている暁人の顎をとらえ、ついばむような軽い口づけを繰り返す。
やがて熱い舌が暁人の歯列を割って、口内に入り込み、ねっとりと暁人の舌に絡みつく。

口づけを深めながら、桂木は暁人の手をとらえ、すでに熱く硬くなった桂木自身を確かめさせるのだ。
暁人がたまらなくなって桂木に抱きつこうとすると、すいっとつれなく突き放し、嫣然と微笑む。

「桂木っ!」

思わずあげた抗議の声に、暁人は自分で驚き、そこでいつも目覚めるのだ。

身体は興奮で熱く火照り、寝間着がびっしょり濡れて不快だった。

だが、何より暁人を当惑させたのが、股間の熱い昂ぶりだった。
それは灼熱の棒のように、熱く硬くなり、窮屈そうに褌を押し上げて存在を主張していた。

暁人は羞恥心といくばくかの罪悪感とともに、それを自分で処理して、何食わぬ顔で毎朝、学院に登校していた。

「桂木――」

この気持ちが何なのかはわからない。
でもこれだけはわかっている。

僕は桂木とただ友人になりたいわけじゃない。

夢の続きがしたいのだ。

抱きしめて、口づけて――。

そして――。

相変わらず淡々と本を読み続けている、桂木の端正な横顔を見つめながら、暁人は密かにひとつの決心をするのだった。

☆おしまい☆
スポンサーサイト

COMMENT

こんばんは~。
わぉわぉ~、新作わぁ~い。
早速来ちゃったよ~。
暁人sideってことは桂木sideもあるんだよね?
麗しい桂木と机を並べて一日中一緒にいたら、そりゃ卑猥な夢も見ちゃうよね~。
暁人なぜ目を覚ましちゃうんだよっ!(#`皿´) 
もっと深く寝て夢の続き見てくれYO
桂木の喘ぎを聴かせてくれなきゃぁ~。

そして、またよからぬ決心をしちゃったのね(笑)←決めつけてるww
石崎のお父さんに媚薬を貰ったのかしら?

夜な夜な自分で自分を慰めなくても私が慰めてあげるのに~(@゚▽゚@)

と、いうことで、桂木sideが楽しみだわ~。
多分暁人のことボロカスなんだろうね(*´H`*)
ってかその前に、暁人sideのpart2があるのかしら?

ご馳走様でした~。おかわり早めにプリーズ(;゚∀゚)=3ムッハー 
2011/10/13(Thu) 23:36 | ロミオ。 #- [Edit
<ロミオ。さんへ♪
こんばんは~。
わおわお、早速コメントありがとうございます~~♪(嬉)
久々に、新作書きましたよ~~。思いつきの行き当たりバッタリだったけど^^;

> 暁人sideってことは桂木sideもあるんだよね?

うん、桂木sideからも書いてみたいなぁって思ってるの♪

> 麗しい桂木と机を並べて一日中一緒にいたら、そりゃ卑猥な夢も見ちゃうよね~。
> 暁人なぜ目を覚ましちゃうんだよっ!(#`皿´) 
> もっと深く寝て夢の続き見てくれYO
> 桂木の喘ぎを聴かせてくれなきゃぁ~。

ホントだよね…ちょっと早く目を覚ましすぎちゃった…汗。
これは石崎パパから深く眠れるヤバイ薬をもらってこなきゃ(笑)
桂木の卑猥な夢…私も見てみたいよ~~。

> そして、またよからぬ決心をしちゃったのね(笑)←決めつけてるww
> 石崎のお父さんに媚薬を貰ったのかしら?

爆笑~~!
ロミオ。さんってばよくわかってらっしゃるわ~~♪
懲りない男(笑)暁人きゅんは、頑張りますよ~~わおわお♪

> 夜な夜な自分で自分を慰めなくても私が慰めてあげるのに~(@゚▽゚@)

きゃっ、ロミオ。さんてば…照。
どうやって慰めるのかこっそり覗いてみたいです~(オイ)

> と、いうことで、桂木sideが楽しみだわ~。
> 多分暁人のことボロカスなんだろうね(*´H`*)
> ってかその前に、暁人sideのpart2があるのかしら?

どっちにしようかしら~~。
暁人sideのpart2も良いですね~~^^
気分次第で(オイ)妄想してみますね♪
ロミオ。さんも、またいっぱい妄想してね!(おねだりおねだり♪)
2011/10/14(Fri) 22:15 | lisa #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


インフォメーション

彩香とれんの萌え満載のBL二次創作小説ブログです♪
れんによる『えれなさんのBL小説スレイヴァー○』シリーズの二次創作SS☆
現在、彩香による『ShokoさんのBLコミック○○な朝』18禁二次創作SS更新中♪いずれの作品も原作・版元には一切関係のない個人の創作になります。了承の上お楽しみくださいませ。



プロフィール

lisa

Author:lisa

レンタルサーバー


Author:lisa
昼は社会人、夜はハードなBL星人です。
無理矢理が大好物なドS属性。
濃ゆくて切ないBL小説が書きたいの。
現在、Hidaka Shoko先生のBLコミック『憂○○朝』に萌え暴走&妄想&二次創作中です。
桂木が好き過ぎて困る。
誰か止めて…笑

lisaの萌えブログ「BL萌え的生活」へはリンクから飛べます^^


Author: れん
Elena先生のBL小説「ス○○○ーズシリーズ」の二次創作担当です。
甘い柊一さまと冴木をお楽しみくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
創作検索ぴあすねっとNAVI
yu_asa
憂鬱な朝2


title="駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】">
駄文同盟.com









FC2ブックマーク





カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



FC2カウンター



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



Book Mark !



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索









QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © BL創作小説さくらのはな All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。